ソフトB 来日初先発スアレス、6失点炎上反省「迷惑かけた」

[ 2019年4月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―6西武 ( 2019年4月20日    メットライフD )

<西・ソ5>3回途中でマウンドを降りるスアレス=左(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは前日に連敗を3で止めたが、中継ぎから転向し、来日初先発のスアレスが3回途中6失点と炎上。「コントロールに苦しみ、自分の投球ができなかった」と声を落とした。

 2回2死満塁で木村に走者一掃の中越え三塁打。続く金子侑、源田にも適時打を許し、3回には山川に豪快な一発を浴びてKOされた。2軍では全4試合に先発して防御率1・23と結果を残したが、「いい流れに乗ることができず、迷惑を掛けてしまった」と反省しきり。チームは首位・楽天に1・5ゲームと開いた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース