西武 最下位脱出 源田が5戦ぶり2番でマルチ、白星貢献

[ 2019年4月21日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―4ソフトバンク ( 2019年4月20日    メットライフD )

<西・ソ>2回2死二塁、源田は右前適時打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 西武の源田が「指定席」の2番で5試合ぶりに出場し、マルチ安打で勝利に貢献した。2回に一挙5点で逆転。「ねこさん(金子侑)が初球から走ってくれたので流れに乗りました」と2死一塁から二盗後に右前適時打を放ち、5点目を叩き出した。2番起用について「その方がいいかな、これがいつもの形だから」と話した辻監督の期待に応えた。

 13日のオリックス戦で右手首に死球を受けた。負傷の影響で「打撃の感覚が違う」と言うが、9番で先発復帰した前日も千賀から左前打を放っており「感覚的に少し変えて打っているが、安打が出ているので良い」とうなずいた。攻守の絶対的な存在が復活し、チームも連敗を3で止めて最下位から脱出した。(武本 万里絵)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月21日のニュース