楽天 球団900勝&堅首、オコエ先制2ラン 今季初2番に一発回答

[ 2019年4月21日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天5―3オリックス ( 2019年4月20日    楽天生命パーク )

<楽・オ>3回2死二塁、オコエは左中間2ランを放ちぬいぐるみをスタンドに投げ入れる(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 絵になる男。まさに「マーベルヒーロー」だ。楽天・オコエが3回2死二塁で「初球だけ真っすぐに絞った」と東明の直球を狙い打ち。左中間へ先制2号2ランを叩き込んだ。

 「逆風だったので全力疾走した。感触は凄く良かった」

 オリックス投手陣に変化球で攻められるが、初球は直球でカウントを取りにくる傾向を読んでいた。そのまま決勝アーチとなり、球団の通算900勝に大きく貢献。首位も堅守した。これまでの下位打順から今季初めて2番に抜てきされ、見事な「一発回答」。今季は巨人・丸ら攻撃型2番が多く、平石監督も「いい状態できていた。完璧な本塁打」と愛弟子を称えた。

 この日、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の公開記念PRでアイアンマンらが本拠地を訪問。オコエのお気に入りのマーベルヒーローは昨年封切られ、全世界で大ヒットしたアフリカ大陸の架空の王国が舞台の「ブラックパンサー」だ。

 「音楽も超格好いい。ロケ地がナイジェリアなんです」。撮影の一部が父親の母国で行われ、主人公を守る親衛隊長の名前は偶然にも「オコエ」。そんな近未来ヒーローに自分の活躍を重ねた。

 球界再編騒動を経て誕生した若い球団。記念の1勝目は05年3月26日のロッテ戦だった。「(選手では)あまり貢献してないから」と平石監督は笑ったが、指導者として育てたオコエら新ヒーローが、球団史に白星を積み上げ続ける。(君島 圭介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース