OBチームも「逆転のPL」!マスターズ甲子園予選1回戦突破、次戦は桑田氏が参戦

[ 2019年4月21日 12:45 ]

マスターズ甲子園2019大阪府予選1回戦   PL学園17―7東淀川 ( 2019年4月21日    みなと堺球場 )

1回戦を突破し記念写真に収まる清水哲監督(中央)らPL学園OBチームのナイン
Photo By スポニチ

 「逆転のPL」の強さを存分に見せつけた。春夏合わせて7度の甲子園優勝を誇り、現在休部中のPL学園硬式野球部OBチームが21日、公式戦初戦に臨み、見事に1回戦を突破した。

 2回に4点を先行され「ムードも悪かった」と清水哲監督も振り返ったが、焦ることはなかった。4回に3点を返すと、5回にも3点を取って逆転。その裏に追いつかれたが、終盤3回で一挙11点を奪う猛攻も見せ、最後は危なげなく逃げ切った。

 次戦は硬式野球部OB会会長の元巨人・桑田真澄氏が参戦予定。清水監督は「『逆転のPL』の野球をしっかりできたことがよかった。桑田がくればチームも引き締まる」と次戦を見据え力強く話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース