阪神 才木、23日DeNA戦で今季初先発 3年目右腕に救世主期待

[ 2019年4月21日 06:45 ]

阪神・才木
Photo By スポニチ

 阪神・才木浩人投手(20)が23日のDeNA戦(横浜)で今季初先発することが20日、決まった。調整プランの関係から、この日の2軍全体練習には参加せず休養。22日から1軍に合流するとみられる。ガルシアの不調で空いた1枠に、3年目右腕が抜擢された。

 今季は春季キャンプ、オープン戦で思うような結果を残せず開幕ローテーション争いに敗れて2軍スタート。それでも課題と向き合い、直球の球速が150キロ台を記録するなど本来の力強い投球を取り戻した。前回16日のウエスタン・リーグ、中日戦では8回無失点と好投しアピールしていた。投手陣はメッセンジャー、ガルシアが離脱するなど誤算続き。若き右腕が猛虎の救世主となれるか注目だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース