佐々木、4番で特大3ラン 夏は「投打二刀流」活躍も期待

[ 2019年4月21日 05:30 ]

練習試合   大船渡4―8仙台育英 ( 2019年4月20日    仙台育英 )

<仙台育英・大船渡>「打撃」でもケタ外れのパワーを見せる佐々木(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 大船渡・佐々木は4番に座った打撃ではパワー全開だった。初回1死一、二塁から初球の直球を強振。バックスクリーンへ飛び込む130メートルの特大3ランを放った。

 以前に「打撃もそれなりに自信がある」と話していた17歳は、今夏も「投打二刀流」での活躍が期待される。阪神の葛西稔スカウトも「160キロを投げる筋力があればあれだけ飛ぶよね」と納得の表情を見せた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月21日のニュース