菊池雄星 待望のメジャー初勝利!5回10安打4失点の粘投でついに!

[ 2019年4月21日 13:48 ]

ア・リーグ   マリナーズ6―5エンゼルス ( 2019年4月20日    アナハイム )

エンゼルス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星投手(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(27)が20日(日本時間21日)、敵地アナハイムでのエンゼルス戦にメジャー6度目の先発。5回10安打4失点の粘投で、ついにメジャー初勝利を挙げた。チームは6―5で勝利し3連勝となった。

 味方打線に2点の援護をもらって初回のマウンドへ。先頭を打ち取った後に四球と安打で一、二塁としたが、後続を打ち取って無失点で立ち上がった。2回も無失点に抑えたが、3回、2死から3番シモンズに内野安打され、4番プホルスに適時二塁打を浴び1失点した。

 3点リードで迎えた4回は、1死一、三塁からコザートの犠飛で失点。エンカーナシオンのソロ本塁打の援護で再び3点リードとなった5回は、グッドウィンに適時三塁打されるなどして2点を失い1点差に迫られた。この回が終わったところでマウンドを降り、5回97球、10安打2四球3奪三振4失点の内容だった。

 その後、チームはサンタナのソロ本塁打で1点を追加。救援陣がリードを守って逃げ切り、菊池は、6度目の登板でようやく待望のメジャー初勝利を手にした。
 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月21日のニュース