【21日のファーム情報】日本ハム・吉田輝3回1失点で2敗目 広島・小園は5の1

[ 2019年4月21日 17:42 ]

<イースタン ヤ・日>イースタンのヤクルト戦に先発した吉田輝。3回を投げ1失点(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは21日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計6試合が行われた。

 阪神は巨人とのファーム交流戦(ジャイアンツ)に4―1と逆転勝ち。このカードを2勝1敗と勝ち越した。俊介が2安打2打点。先発・秋山は7回4安打1失点の好投で無傷の開幕4連勝。巨人先発・畠は6回1/3を6安打2失点(自責1)で1敗目。

 ロッテは西武戦(西武第2)に9―5。不振で2軍調整中の井上が2回に2号ソロ、8回に3号ソロを放つなど3安打3打点だった。先発・佐々木は2回1/3を4安打3失点。西武は斉藤彰が3安打。先発のドラフト6位・森脇は6回6安打3失点(自責2)で11奪三振だった。

 楽天はDeNA戦(横須賀)に5―2。先発・近藤が5回5安打2失点で1勝目(1敗)。5番手で1回1安打無失点の久保が1セーブ目を挙げた。太田が2安打2打点。DeNA先発・飯塚は2回4安打3失点(自責0)で1敗目。

 ヤクルトは日本ハム戦(戸田)に2―0。先発・高橋が8回3安打無失点9奪三振で1勝目を挙げた。渡辺が3安打をマーク。日本ハム先発のドラフト1位・吉田輝は3回5安打1失点で2敗目。

 オリックスはソフトバンク戦(別大興産スタジアム)に6―2。先発・山崎颯が6回0/3を5安打1失点で2勝目(1敗)。4番・白崎が2安打2打点だった。ソフトバンクは先発・長谷川宙が5回5安打4失点(自責3)で1敗目。

 中日は広島戦(由宇)に7―5。藤井が4回に1号2ラン。桂が7回に決勝の1号ソロを放った。先発・浜田達は5回4安打無失点。広島先発・遠藤は6回5安打5失点(自責4)だった。ドラフト1位・小園は5打数1安打。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース