阪神・西 力投7回2失点で先発の役目 4回珍失点も大崩れせず

[ 2019年4月21日 16:16 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2019年4月21日    甲子園 )

<神・巨>7回2死三塁、糸原の好守にホッとした表情を見せる西(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 自身3連勝を狙って先発した阪神・西が7回2失点と力投した。

 初回は丸、岡本から空振り三振を奪って立ち上がると、2回は大城に初安打を許すも木浪の好守に助けられて無失点。3回は3者凡退。序盤にテンポ良く無失点投球を披露していたが、4回に珍しいプレーで先制された。

 無死一塁から岡本に遊ゴロを打たせ、木浪が二塁封殺を狙ったが、一塁走者・ビヤヌエバがスタートを切っていたため間に合わずにセーフ。すると、スライディング後に立ち上がったビヤヌエバと一塁送球する糸原が交錯し、悪送球に。矢野監督が審判に掛け合ったが、故意ではないと判断されて守備妨害にならず、二塁の失策でピンチを拡大した。

 二、三塁から試合再開と思いきや、またもや審判団が集結。下されたジャッジは“糸原の悪送球が一塁ベンチに入ったことでビヤヌエバに2つの進塁権が与えられる”というモノ。珍しい形で失った先制点だった。

 それでも大崩れすることなく5、6回は3者凡退。7回1死二塁のピンチから山本に適時三塁打を許して2点目を失ったが、7回111球、被安打4、2失点と堂々たる投球だった。「相手打線のことより、自分のピッチングをすることが第一。隙を見せないように一つのプレーに集中したい」。前日の意気込み通り、大きな隙を見せることなく先発の役割を果たした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月21日のニュース