ヤクルト 雄平が9回決勝2点打、小川監督称賛「よく打った」

[ 2019年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―3中日 ( 2019年4月20日    ナゴヤD )

<中・ヤ>9回2死満塁、雄平は勝ち越しとなる左前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・雄平が決勝打を放った。同点に追いつかれた直後の9回に2死満塁から鈴木博の152キロ直球を左前に運び、2点を勝ち越した。

 「落ち着いて、集中して打席に入ろうと。振り負けないことを心掛けた」。5番打者の仕事を果たし、小川監督も「よく打ってくれた。素晴らしい打撃だった」と称えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月21日のニュース