超刊スポニチ

【祥子の一度は入ってみたい絶景温泉】千葉・銚子の犬吠埼温泉 太平洋一望に感動

[ 2018年6月22日 12:00 ]

太平洋を望む犬吠埼温泉の露天風呂を堪能する祥子=撮影のため特別にタオルを使用(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 お色気たっぷりの“謎の美女”祥子(33)がインスタ映えする絶景の名湯を紹介する「一度は入ってみたい!祥子の絶景温泉」。今回は千葉県銚子市・犬吠埼温泉のズバリ!「絶景の宿 犬吠埼ホテル」を訪ねました。関東最東端の海抜21メートルに位置し、源泉かけ流し浴槽が新設された展望露天風呂からは太平洋が一望の下。ホテル名通りの景観は感動ものでした。

 JR総武本線銚子駅から人気の銚子電鉄に乗って約20分。犬吠駅から歩いて7分。犬吠埼ホテルは太平洋を見下ろすように立っていました。

 「毎年元日を挟んで10日間、日本で一番早く日の出が見える所なんです」と梅津佳弘総支配人。玄関横の水槽にはフンボルトペンギンが4羽。犬吠埼マリンパークから預かっていたのが今年1月に同パークが閉館したため、そのままになったのだとか。可愛いしぐさに心癒やされて露天風呂に身を沈めると、今度は心奪われてしまいました。

 巨石が複雑に組まれた浴槽からは太平洋が一望でき、水平線が空と溶け合うよう。真下には白砂の君ケ浜が広がり、手を伸ばせば届きそう。まさに太平洋を独り占めした気分で、時間がたつのも忘れるほどでした。

 お湯は白亜前期(1億2000万年前)の地層の深さ1300メートルから湧き出るというミネラル豊富な化石海水の温泉で、泉質はナトリウム―塩化物強塩温泉。やや茶色がかっていますが、そばに新設された源泉かけ流し浴槽のお湯は茶褐色。どちらも肌にやさしく、全身が包み込まれる感じで、神経痛や疲労回復などに効能があるほか、美肌効果もあると聞いてうれしくなっちゃいました。

 お風呂上がりは館内レストランで今が旬の「入梅鰯(いわし)御膳」(税込み1620円)をいただきました。かば焼き丼、天ぷら、つみれ鍋、刺し身など、一年の中で一番脂が乗っておいしいとされる入梅鰯尽くしのランチメニューで、7月までの限定販売。貴重なグルメに箸も進んで満腹〜。

 食後は腹ごなしに露天風呂やレストランから見えた犬吠埼灯台(入場料200円)へ。見晴らし台までは99段の階段を上るんですが、ここからの景観がまた凄い!見渡す限りの海と、どこまでも延びる水平線。よく見るとそれが曲線のようになって…そう、地球は丸いんです。地球の輪郭を見た思いで、スケール感に圧倒されるばかり。祥子も、もっと大きくならなくちゃ〜…ね。

 ◇犬吠埼温泉◇

 ▽アクセス 車は東関東道佐原香取ICから県道55号、国道356号などを利用。東京駅、浜松町駅から定期路線バスあり

 ▽宿泊 旅館・ホテル5軒。犬吠埼ホテルは1泊2食付き1万3000円(税別)から。日帰り入浴平日1200円、休日1500円(タオル付き)

 ▽問い合わせ 犬吠埼ホテル=(電)0120(315)489

 ◆祥子(しょうこ)1985年(昭60)4月13日生まれ、熊本県出身の33歳。タレントで温泉ソムリエの資格を持つ。週刊ポストのグラビア連載「謎の美女」で人気に。MXテレビ「バラいろダンディ」(金曜レギュラー)に出演中。DVD「誘う女」(スパイスビジュアル)を新発売。写真集「鍵―KEY―」(講談社)など絶賛発売中。身長1メートル64、B85・W58・H86。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る