×

「ねもっちゃんと呼んで」日本ハム19歳左腕の根本 プロ初勝利に「しっかり勝てる投手に」と決意表明

[ 2022年5月29日 18:08 ]

交流戦   日本ハム7ー2巨人 ( 2022年5月29日    札幌D )

<日・巨>ウイニングボールを手に新庄監督と記念写真に納まる根本(左)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの2年目左腕、根本悠楓投手(19)が29日の巨人戦でプロ2試合目の先発。5回5安打2失点と粘り、プロ初勝利を挙げた。

 4月1日のオリックス戦(京セラドーム)以来の先発で、公式戦初の札幌ドームのマウンドだった。1点を先制してもらった直後の2回に岡本和に、初球の直球が高めに浮き、右翼席に運ばれ同点に追いつかれた。それでも再び勝ち越してもらった3回は、先頭の丸に左前打を許したが無失点で切り抜け、チームに流れを引き寄せた。6─1で迎えた5回に1死満塁のピンチを招き、ウォーカーの左犠飛されたが、続く吉川尚を9球粘られながら最後は三ゴロに仕留めるなど、粘り強く5回を投げ切った。

 初めてのヒーローインタビューで根本は「北海道で初勝利を挙げられたことで、すごいうれしくて。こんなにたくさんのファンの方に見ていただけてうれしいです」と語った。「ファームでやってきたことをしっかり出そうと思って試合に臨んだ。あきらめずにしっかり自分のボールを投げようとおもったのが、結果につながったのかなと思います」と初々しく語った。

 この日は祖父母はテレビ観戦。両親は札幌ドームで観戦する中、勝利を届けた。初勝利のウイニングボールは「じいちゃん、おばあちゃんが、すごい自分のことをかわいがってくれて、じいちゃんもすごい野球が好きなので、じいちゃん、おばあちゃんに渡したいです」とし「今まで頑張ってきて、やっと初勝利ができたので、これからもっと勝てるように頑張りたいです」と話した。

 最後は自己紹介を求められ「ねもっちゃんと呼んでください。高校の時から勝てる投手を目標にやってきていたので、将来的にはしっかり勝てる投手になりたい」と力強く決意を語った。

 ◇根本 悠楓(ねもと・はるか)2003年(平15)3月31日生まれ、北海道出身の19歳。中3の全国大会決勝で完全試合を達成。苫小牧中央では1年夏からベンチ入りし3年夏に南北海道大会8強、20年ドラフト5位で日本ハムに入団した。昨季は2軍で先発、リリーフを経験し12試合で1勝1敗0セーブ、防御率1・82。1メートル73、77キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース