×

阪神、初回無死満塁で得点かなわず サトテル、原口、糸原が凡打に倒れる

[ 2022年5月29日 14:16 ]

交流戦   阪神―ロッテ ( 2022年5月29日    ZOZOマリン )

<ロ・神>初回、無死満塁で佐藤輝は三振(撮影・長久保 豊) 
Photo By スポニチ

 前日28日に11試合ぶりに2桁安打を放った阪神打線が、初回からリズムをつかんだ。近本、中野の1、2番コンビが左腕・ロメロの変化球をとらえ、連続安打で無死一、三塁とし、大山の2球目に中野が今季12個目の盗塁に成功。大山も四球で無死満塁で4番・佐藤輝にチャンスをつなげた。

 だが、佐藤輝はフルカウントからの151キロに空振り三振。DHで今季初スタメンの原口が初球を打って捕邪飛。交流戦18打数6安打、打率・333の糸原も中飛に倒れ、先制は果たせなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース