×

慶大・萩尾 4号逆転弾で先勝 本塁打と打点の2冠視野

[ 2022年5月29日 05:30 ]

東京六大学野球 最終週第1日   慶大7-2早大 ( 2022年5月28日    神宮 )

<慶大・早大>初回、逆転2ランを放つ慶大・萩尾(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 1回戦が行われ、慶大は萩尾匡也外野手(4年)の4号2ラン、下山悠介主将(同)のソロなど11安打で7点を挙げ、早大に快勝。早大は先発・加藤孝太郎投手(3年)が、5回5失点(自責4)と崩れたのが痛かった。

 慶大の4番・萩尾が決勝打となる逆転2ランを放った。1点を先制された直後の初回2死一塁から、直球を逆方向となる右翼の早大応援席に叩き込む2ラン。11安打7得点の口火となる一発に「右方向でも打てる自信は持ってます。コロナで観衆も少なかった中、早慶戦で多くの人が来てくれ感謝の気持ちで打席に立ちました」と振り返った。

 堀井哲也監督から「シーズン5本塁打」のノルマを課せられた今季はこれで4号となり指揮官は「芯でなくても本塁打を打てるところが魅力。素質が開花したということかな」と評価。本塁打はトップタイで、打点はトップに1差の14と2冠も見えてきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース