×

近江・山田にまさかのアクシデント 右足つって緊急降板「敗因は自分にあります」

[ 2022年5月29日 05:30 ]

春季高校野球 近畿大会第3日 準決勝   近江2-11大阪桐蔭 ( 2022年5月28日    紀三井寺 )

<近江・大阪桐蔭>6回途中、チームメイトにかかえられてマウンドを降りる近江・山田(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 まさかのアクシデントでリベンジはならなかった。今秋ドラフト候補の近江・山田陽翔(3年)は「4番投手」として先発出場。5回まで1点に封じたが、6回1死無走者、1球目を投げたところで右ハムストリングスがけいれんした。水分を補給し続投したが、連打を浴びたところで両脇を抱えられ降板。5回1/3を6安打2失点と不完全燃焼だった。

 「あのような形で降りてしまったことが、後半の大量失点につながった。敗因は自分にあります」。3回先頭の三ゴロで全力疾走した際に違和感を覚えた。ただ、試合後の取材にも足を引きずることなく対応。大事に至らなかったことが救いだ。初回には自己最速を1キロ更新する149キロも計測。「もう一度、大阪桐蔭さんと当たれるように」。昨夏に続き、甲子園での勝利を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース