×

広島・マクブルーム 大敗の中に光明 好球必打の先制打に胸張る「打てる球を打つだけ」

[ 2022年5月29日 05:30 ]

交流戦   広島1-11ソフトバンク ( 2022年5月28日    ペイペイD )

<ソ・広>初回、適時打を放つマクブルーム(撮影・岡田 丈靖)                
Photo By スポニチ

 広島・マクブルームの放った先制打は、白星に結びつかなかった。初回無死一、二塁から西川が遊ゴロ併殺に倒れた直後の打席。カウント2―1から、大関のツーシームを左前適時打とし「ああいう(併殺直後の)状況でも得点を挙げたいと思っていた。どういう形でも1点を取ろうと思っていた」とうなずいた。初体験の交流戦で、ここまで16打数4安打4打点。「全ての投手と初対戦なので、打てる球を打つということだけを考えている」と好球必打を貫いている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース