×

ソフト・大関 チーム最多に並ぶ4勝目 渡辺と育成出身バッテリー「2人で勝ちたい思いがあった」

[ 2022年5月29日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク11-1広島 ( 2022年5月28日    ペイペイD )

<ソ・広>ウイニングボールを手に笑顔でポーズする大関(左)と渡辺(撮影・岡田 丈靖)                
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・大関が7回5安打1失点と好投し、チーム最多に並ぶ4勝目を挙げた。

 プロ初先発の捕手、4歳下の渡辺のリードで2回以降は直球を軸にゴロの山を築いた。育成出身バッテリーでの勝利を「コンビネーションみたいなのは全然問題なかったので。1軍に舞台が替わって、そこでどう変わるかというのを、途中からうまく対応できた感じでした。2人で勝ちたい思いがあった」と振り返った。

 ちょうど1年前の5月28日に支配下契約をつかみ、その約1週間後には中継ぎでプロ初登板を飾った。貴重な左腕の先発として、すっかりローテーションに定着し「任されるのはやりがいがある。自分のベストを尽くしていきたい」とさらなる活躍を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース