×

オリックスが痛すぎる1敗 山本8回2失点もまさかの3敗目 あと一本出ない拙攻に中嶋監督も苦笑

[ 2022年5月29日 05:30 ]

交流戦   オリックス1-4中日 ( 2022年5月28日    京セラD )

<オ・中>8回、二塁ゴロに倒れた高橋周(右)の折れたバットをよける山本(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 オリックスがエース・山本で痛すぎる1敗を喫した。しかも、失礼ながら伏兵と思われる選手たちにやられたのだからショックは大きい。

 まさかのその<1>は、5年目でプロ初先発だった鈴木に5回まで無得点。救援陣も攻め立て8回まで毎回走者を出しただけにもどかしい。中嶋監督も「還ってこなかったらいっしょですよね」とあと一本が出ない拙攻に苦笑するしかなかった。

 まさかのその<2>は、山本の8回の2失点目だ。今季2度目の先発マスクの桂に、1死から二塁への内野安打。試合前まで今季通算3打数1安打で、この日も三ゴロ、二飛と打ち取りいずれもバットをへし折っていた。

 その後、2死一、二塁となり三ツ俣に決勝の左前打。両リーグ最多の6勝目どころか、8回2失点でもまさかの3敗目となった山本は「先制点を許し、追いついた直後の失点など投球においての大事な部分ができなかった」と反省した。昨年は5月28日ヤクルト戦の白星からリーグ優勝まで勝ち続けたが、今年はチームにとっても山本個人にとっても悪夢の一日となった。(畑野 理之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース