×

早慶戦 慶大が連勝 プロ注目の4番・萩尾決勝3ラン

[ 2022年5月29日 16:14 ]

東京六大学野球最終週第2日   慶大5―3早大 ( 2022年5月29日    神宮 )

慶大・萩尾
Photo By スポニチ

 早慶戦の2回戦が行われ、慶大が連勝で勝ち点を3に伸ばした。これで、今春リーグ戦の全日程を終えた。

 4番の一発が勝利を引き寄せた。プロ注目の4番・萩尾匡也外野手(4年)1―1の5回無死一、二塁から左翼ポール際への2戦連発の決勝3ラン。「とにかく早稲田に勝つとことを考えていたので、そこが報われた。その思いが打球にも乗ったと思う」と笑顔を見せた。

 今春は開幕前に堀井哲也監督から3番・広瀬隆太内野手(3年)と2人で「本塁打を10本打て」と指令を受けていた中、広瀬は4本塁打で2人で計9本と目標には届かなかったが、萩尾は「ノルマ」の5本に到達。「(リーグ戦の)出だしは良くなかった分、後半は上げられた」とうなずいた。

 8勝4敗1引き分け、勝ち点3で今春リーグ戦を2位で終えた。堀井哲也監督は「優勝は掛かっていなかったが、逆に早慶戦の重み、重圧を感じた。コロナ下でもお客様に後半戦からたくさん応援して下さって、選手もいいゲームができたと思います」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース