×

巨人・松原 今季初2番で決勝打「良い結果が出たので良かった」

[ 2022年5月29日 05:30 ]

交流戦   巨人8―4日本ハム ( 2022年5月28日    札幌D )

<日・巨>5回、勝ち越し適時打を放つ松原(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季初めて2番に座った巨人・松原が決勝打を放った。1―1の5回2死三塁から杉浦の初球、146キロ直球を中前に運び「積極的にいった中で良い結果が出たので良かった」。

 4月29日の阪神戦以来の先発出場。打点は3月29日以来、約2カ月ぶりで「いつもと変わらないように、あまり気負い過ぎず」と平常心で結果を残した。5―4の8回無死二塁では犠打を失敗するミスもあっただけに、原監督は「(適時打は)良かったけど、無死二塁という場面でね。あそこですね」と反省を促していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース