×

大谷翔平 “花巻東対決”雄星の前に3の0…その後も安打出ず今季ワースト17打席無安打 エ軍4連敗

[ 2022年5月29日 13:00 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―6ブルージェイズ ( 2022年5月28日    アナハイム )

<エンゼルス・ブルージェイズ>初回1死の菊池と大谷の対決は遊ゴロで菊池の勝ち(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は28日(日本時間29日)、本拠地エンゼルススタジアムでのブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場。岩手・花巻東高の先輩の菊池雄星投手(30)に3打数無安打に抑えられるなど4打数無安打1死球で、今季ワーストの5試合17打席連続ノーヒットとなった。エ軍は5―6で敗れ、今季2度目の4連敗を喫した。

 初回1死の第1打席はブ軍の先発左腕・菊池の前に遊ゴロ、3回無死の第2打席は外角スライダーに空振り三振で、5回無死一塁の第3打席は中飛だった。この試合前までのメジャーでの菊池との対戦成績は12打数4安打で打率・333、2本塁打だった。右腕メリウェザーと対戦した7回無死の第4打席は右ひじのプロテクターをかすめる死球、右腕リチャーズと対戦した8回2死の第5打席は右飛だった。

 前日27日(同28日)のブルージェイズ戦は腰の張りのため、先発ラインアップから外れ、9回に代打に立ったが、空振り三振。2試合ぶりのスタメン復帰したが、快音は聞かれず通算打撃成績は47試合で182打数44安打、打率・242、9本塁打、28打点、7盗塁となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月29日のニュース