×

AK砲になれ!清原和博氏が中日・石川昂、鵜飼にエール「家帰ってバット振るだけ」

[ 2022年5月25日 22:10 ]

交流戦   中日1-2西武 ( 2022年5月25日    バンテリンD )

<中・西>バンテリンドームの放送ブースで山田久志氏(左)と記念撮影する清原和博氏

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打など活躍した清原和博氏(54)が、25日に放送されたCBCテレビ「中日-西武戦」の実況解説を元中日監督の山田久志氏(73)とともに務め、中日の期待の若手にエールを送った。

 西武の黄金時代に秋山幸二氏と主軸を担った清原氏は、中日の和製大砲候補である石川昂、鵜飼について「秋山さんとAK(砲)だったけど、だぶってしまう。コンビでの本塁打を見たい」と期待を寄せた。

 試合後には「これからどんなことがあっても下を向かず、常に前へ前へ進んでほしい」とエール。

 試合には敗れてしまったものの今後に向けて「家帰ってバット振るだけ。今日やられた球を徹底的に振って、攻略して、ご飯食べて、しっかり寝る。そういう日の繰り返し。気持ちの整理を付けなければ、次の日にまで引きずってしまいますから」とその日のうちに課題を検証して反省し、次の日は新しい気持ちで取り組むよう助言を送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース