×

杉本正氏 不慣れな横浜のマウンドに苦しんだソフト・石川 パワーカーブの曲がりが小さかった

[ 2022年5月25日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク3-4DeNA ( 2022年5月24日    横浜 )

<D・ソ>6回途中で降板したソフトバンク・石川(左端)
Photo By 共同

 【杉本正 視点】「慣れ」と「不慣れ」の両方が勝敗に影響した試合だった。

 交流戦の難しさに別リーグの敵地でのプレーがある。石川は不慣れな横浜スタジアムのマウンドに苦しんだ。ペイペイドームより傾斜がなだらかなため、パワーカーブの曲がりが小さかった。変化球はカットボールなどに頼ることになり、持ち味を出しきれなかった。

 8回のバッテリーミスは記録としては捕逸だったが、又吉の球が大きく抜けて甲斐が対処できなかった。この日の又吉は普段より抜け球が多かった。昨季まで中日で慣れているはずのセとの対戦。逆に言えば相手も又吉の特長をよく分かっていて、必要以上の警戒があったかもしれない。

 もったいなかった1点差での敗戦。交流戦の成績はペナントの行方に大きな影響を及ぼすだけに、この日のような接戦を勝ちきらないといけない。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース