×

清原和博氏「立浪監督あって、こういう仕事いただいたりしている」PL学園の後輩に「勝って」とエール

[ 2022年5月25日 19:22 ]

交流戦   中日-西武 ( 2022年5月25日    バンテリンD )

<中・西>バンテリンドームの放送ブースで山田久志氏(左)と記念撮影する清原和博氏

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打など活躍した清原和博氏(54)が、25日に放送されたCBCテレビ「中日―西武戦」の実況解説を元中日監督の山田久志氏(73)とともに務めた。

 清原氏はPL学園の後輩である立浪監督との思い出を尋ねられると、2003年7月5日の巨人戦で立浪監督が2000安打を放った試合を真っ先に挙げ「立浪監督からわざわざ電話がかかってきて、『僕、東京ドームで2000本打つから花束渡してください』と」と明かし「3本打たなあかんかったのに、見事に3本打って花束渡しました」と懐かしそうに振り返った。

 引退試合にも駆けつけ「レギュラーから外れたり、代打人生を送ったり、小さい体で本当によく頑張った」と労った。

 また、PL学園入学当初の立浪監督についても語り「まったく今と変わらないですね。今年、キャンプで訪問さしてもらった時も全然変わらず気遣いがすごい。試合中も選手にあちこち声がけしてますよね。そういったのは選手ありがたい」と称賛した。

 そして「立浪監督あって、こういう仕事をいただいたりしている。後輩でありますけど感謝しないと」と清原氏。

 それだけに「連敗してますけど長いシーズンあること。今日はなんとか勝ってもらいたい」とエール。

 前日24日にはPL学園時代の恩師である中村順司元監督が始球式を務めたものの、連敗を止めることができなかっただけに、清原氏は「ぜひ、勝って欲しい」と語気を強め、再度、エールを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース