×

高卒2年目のヤクルト・内山壮 プロ1号が値千金の同点弾 「一発狙っていた」代打でバックスクリーンへ

[ 2022年5月25日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト3―1日本ハム ( 2022年5月24日    神宮 )

<ヤ・日>8回、ヤクルト・内山壮は同点ソロを放ちナインに祝福される(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト高卒2年目の内山壮のプロ1号が、値千金の同点弾となった。1点を追う8回2死走者なしから、石山の代打で登場。左腕・堀のスライダーをバックスクリーンに運んだ。

 プロ29試合77打席目での初本塁打。「2死だったので一発を狙っていた。バットにうまく乗ってくれました。そわそわした感じで一周しました」と振り返った。ベンチでは青木らから手荒い祝福を受け「皆さんから“おめでとう”と言われました」と笑顔だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース