×

巨人・山崎伊織が5回3失点で降板 交流戦初登板初先発で3勝目ならず

[ 2022年5月25日 19:47 ]

交流戦   巨人─オリックス ( 2022年5月18日    東京D )

<巨・オ>初回、杉本に適時打を許した先発の山崎伊(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 巨人の山崎伊織投手(23)が25日のオリックス戦に先発。交流戦デビューとなった一戦で、5回を5安打3失点(自責2)で3勝目はならなかった。

 初回の立ち上がり。先頭の福田にいきなり右翼への三塁打でピンチを招き、1死三塁から宗の二塁ゴロで生還され先制点を許す。さらに、杉本の中前適時打でこの回2点を献上した。しかし、その裏に岡本和の3ランで逆転してもらうと、2回から4回まで3者凡退に抑えた。

 勝ち投手の権利がかかった5回。1死二、三塁のピンチで、西野を三ゴロに抑えて2死としたが、宗に右前打され同点に追いつかれた。その裏先頭に打席が回ったところで代打が送られ、この回の攻撃で勝ち越しはならなかった。

 ▼山崎伊 リードを守り切れず悔しいです。チームが勝てるように応援します。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース