×

頼れる4番!広島・マクブルームが決勝打 遠藤も踏ん張って今季3勝目 前夜の完敗ショック振り払った

[ 2022年5月25日 21:07 ]

交流戦   広島5-2ロッテ ( 2022年5月25日    マツダ )

<広・ロ>3回、マクブルームは右中間二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・マクブルームが積極的な姿勢で勝ち越し打を放った。同点の5回2死一、二塁。小島の初球のチェンジアップを狙い、左翼線を破る2点二塁打を決めた。

 「高めに甘くきたところを初球から積極的に打ちにいくことができた。いい場面で打つことができて良かったです」

 交流戦初戦の前夜は、5安打に抑えられて零敗。打者1巡目で計7人が第1ストライクを見逃すなど消極的な姿勢が目立ち、東出野手総合コーチは「1巡目に受け身になり、大人しく入りすぎた。ミーティングで言った通りの球を狙い、仕掛けていってほしい」と普段通りの積極性を求めていた。この日の1巡目は6人が第1ストライクをスイング。そして、マクブルームの勝ち越し打も初球を狙う積極性から生まれた。

 6回には佐々木千から野間、菊池涼が連続タイムリーを放ち、貴重な追加点を叩き出した。

 先発の遠藤は、2回1死無走者から岡に中越えの先制ソロを献上。それでも、3-1の6回2死一、三塁ではマーティンから空振り三振を奪うなど踏ん張った。7回にレアードの一発を浴びるも、救援陣がしのいだ。最後は栗林が締め、チームは交流戦初勝利となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース