×

清原和博氏が明かす 西武の黄金時代にあった“必敗法”とは?

[ 2022年5月25日 20:20 ]

交流戦   中日-西武 ( 2022年5月25日    バンテリンD )

<中・西>バンテリンドームの放送ブースで山田久志氏(左)と記念撮影する清原和博氏

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打など活躍した清原和博氏(54)が、25日に放送されたCBCテレビ「中日―西武戦」の実況解説を元中日監督の山田久志氏(73)とともに務めた。

 清原氏は2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、20年6月に執行猶予が開けて以降、阪神戦のテレビ解説は務めているが、古巣・西武戦を解説するのは初めて。

 秋山幸二氏らと黄金時代を築き上げた当時を「厳しかったですよ」と回顧。「必勝法、必敗法があって、毎日キャンプからミーティングがありました」と振り返った。

 必敗法について詳しく尋ねられると「こうしたら勝てる、こういうことをすれば負けると、ミーティングするんです。休みの前の日だけなかったです」とキャンプから連日のように勝つためのミーティングがあったと明かした。

 この発言に「阪急はまったくなし」と阪急でエースとして活躍した山田氏が語ると、清原氏は思わず「ガハハ」と大笑いし、往年のパ・リーグを懐かしんだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース