×

清原和博氏 剛速球の攻略法「バットの振り出しをちょっと早く」過去に対戦したクルーンを例に解説

[ 2022年5月25日 21:55 ]

交流戦   中日1-2西武 ( 2022年5月25日    バンテリンD )

<中・西>バンテリンドームの放送ブースで山田久志氏(左)と記念撮影する清原和博氏

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打など活躍した清原和博氏(54)が、25日に放送されたCBCテレビ「中日-西武戦」の実況解説を元中日監督の山田久志氏(73)とともに務めた。

 8回、最速160キロを誇る西武・平良が3番手でマウンドに上がると、清原氏は剛速球の攻略法を語った。「バットを短く持ってました。振り出しをちょっと早くする。速いボールだからといって、強く振るでなく振り出しを早くする。そうするとボールと自分が近づいて衝突しない」と解説。

 そして、NPBで初めて160キロを出したクルーン(元横浜、巨人)を例えに出した。「クルーンとやったとき、彼が160キロぐらい投げてた。自分の感覚では、投手が投げる前に振り出してたぐらい」と相当、始動を早めたという。

 さらに、クルーンの剛速球に対し「だいたいイメージでこの辺来るなって感じで振ってたので、そこにたまたま来て、当たって自分がびっくりした」と打ち返した時は驚いたと明かしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース