×

ロッテ・佐々木朗の弟、大船渡・怜希 1安打放つも逆転負けで準々決勝敗退

[ 2022年5月25日 05:30 ]

春季高校野球・岩手大会準々決勝   大船渡1―3盛岡三 ( 2022年5月24日    大平 )

「1番・遊撃」で1安打1四球だった佐々木(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 ロッテ・佐々木朗の弟・怜希内野手(2年)が1番を打つ大船渡は、1―3で盛岡三に敗れた。

 大船渡は6安打1得点と打線につながりを欠き、盛岡三に1―3で逆転負けを喫し、準々決勝敗退となった。

 ロッテ・佐々木朗の弟・怜希(2年)が「1番・遊撃」で出場し、3打数1安打1死球。「投手が踏ん張ってくれたけど1点で終わってしまった。そこが今日の課題だったと思います」と振り返った。「地元の学校で野球を頑張りたい」と兄に続いて大船渡に進学。1メートル77、65キロの遊撃手は昨秋から定位置を獲得し、この春は守備の確実性を高めて「結構自信がつきました」と手応えを語った。佐々木朗の完全試合達成には「周りから結構言われて本当に凄いんだなと思いました」と刺激を受けた。

 兄が3年夏に決勝で逃した甲子園出場に向けて「出塁することを徹底して打撃に取り組みたい」と成長を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース