×

ソフト甲斐 痛恨の捕逸で決勝点献上 藤本監督「あれぐらいは捕ってやらんと」

[ 2022年5月25日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク3-4DeNA ( 2022年5月24日    横浜 )

<D・ソ>8回、甲斐の捕逸でDeNAに勝ち越しを許し、沈むソフトバンクベンチ
Photo By 共同

 ミスが勝敗を分けた。プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」が24日、各地で6試合が行われて開幕。ソフトバンクはDeNAに3―4で敗れ、2年連続で黒星スタートとなった。1点を追う7回に代打・牧原大成内野手(29)の適時打で追いついたが、8回に甲斐拓也捕手(29)が痛恨の捕逸を犯し、勝ち越し点を献上した。攻撃でも三森大貴内野手(23)の走塁ミスが痛かった。

 攻守でミスが連発し接戦を落とした。2年連続で交流戦黒星発進。しかし、会見場に現れた藤本監督は、チームの3つの凡ミスを、淡々と嘆き続けた。

 「又吉どうのこうのいうより、ミスがね。結局、併殺取れず1点取られた。抜けたと思って三塁に走った。最後はパスボール。あれぐらいは捕ってやらんと。ミスでの負けです」

 スタートは上々だった。初回に柳田の犠飛とグラシアルの適時打で2点を先制。しかし中盤からほころびが出た。

 先発・石川は2―1の4回無死一塁で正面のゴロを捕球後、二塁送球がそれて併殺が取れず、2死から同点とされた。焦りは攻撃にも派生した。

 三森が走塁で判断を誤った。2―2での5回無死、右前打で出塁し次の今宮の打球は二ゴロ。一塁送球の間に三森は打球が右前に抜けたと勘違いしたため迷わず三塁へ向かった。意表を突く形にもなり、持ち前の快足もあって好走塁かと思われたがヘッドスライディングでオーバーラン。一塁手のソトが三塁に送球し、左足が離れていた三森はアウト。絶好機を逃した。

 「(三森は)ライトに抜けたと思って走った、と。スライディングも真っすぐならセーフなのに、わざわざ回り込む必要はなかった。それは駄目や」と指揮官は苦笑いを挟みつつ悔やんだ。

 そして決勝点は守備の要、甲斐のミスだった。3―3の8回2死二、三塁。又吉が内角高めに抜けたスライダーを捕逸し、三塁走者の生還を許した。試合前に森ヘッドコーチが「無駄なミスはやめましょう。できることをしっかりと」と忠告していたが、守られなかった。

 藤本監督は言葉少なに「まあ切り替えて、明日いきましょう」と会見を終わらせた。横浜で見直すべきはワンプレーの集中力。凡事徹底から、仕切り直す。(井上 満夫)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース