×

DeNA・佐野が初の1番で一発を含む猛打賞「びっくりした。違和感しかなかった」

[ 2022年5月25日 05:30 ]

交流戦   DeNA4―3ソフトバンク ( 2022年5月24日    横浜 )

<D・ソ>3回、ソロを放つ佐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 本人もファンも驚く新オーダーだ。DeNA・佐野がプロ入り6年目で初の1番で先発出場。試合前に三浦監督から「1番でいくぞ」と言われ、一発を含む3安打とリードオフマンの役割を果たして「びっくりした。違和感しかなかった。打順が回ってくるのも早く感じた」と笑った。

 「新オーダーを組む」。試合前に三浦監督は予告した。その目玉は1番・佐野。初回に石川から中前打を放つと0―2の3回1死では右越えに反撃の3号ソロを運んだ。5回も右前打。20年首位打者の安打製造機は初の打順でも存在を示した。

 指揮官は佐野の出塁率にかけた。試合前時点で牧に続くチーム2位の打率・331で出塁率・357。「結構考えたよ。単独スチールとかしなくてもいい。今までの佐野のスタイルでやってくれと話した」と走力、機動力は求めなかった。その思いに主将も応える。5日の中日戦で椎間関節炎を発症し、21日のヤクルト戦に2番で復帰。翌日の22日に4安打をマークしたことも指揮官の「直感」に結びついた。

 これで交流戦の初戦は6連勝。昨季は最下位も交流戦は3位と健闘した。「去年も交流戦でいい流れになった。今年もきっかけにしたい」と佐野。得意の交流戦で上位浮上を狙う。(大木 穂高)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース