×

亀山つとむ氏 阪神・近本、中野の1、2番コンビが出て走る 超スモールベースボールに徹して勝機呼ぶ

[ 2022年5月25日 05:30 ]

交流戦   阪神1-0楽天 ( 2022年5月24日    甲子園 )

亀山つとむ氏
Photo By スポニチ

 【亀山つとむ 視点】交流戦のスタートを1―0勝利。苦しい戦いが続いた阪神が良い勝ち方をした。阪神・近本、中野の1、2番コンビで4安打。ここが活発に機能することで、相手にプレッシャーをかけ、得点できる雰囲気をつくることができる。

 決勝点も中野の盗塁が効いた。2死一塁の場面で空振りを繰り返していた大山が、中野が得点圏に進んだことで軽打に切り替え、中前適時打を放った。この点の取り方が、阪神のひとつの方向性だ。

 近本、中野が塁に出て、走る。走ると見せかけて、いろんな駆け引きをして、自分たちのペースに巻き込む。これで田中将に勝利した。今後もロッテ・佐々木朗らパを代表する剛腕との戦いが予想されている。超スモールベースボールに徹することが勝機を呼ぶ。

 先発もリリーフも安定しているのが阪神の強み。確実な得点で、それを生かすためにもクリーンアップも一発長打より「ヒットで勝つ」の意識を強くするべき。初回1死一、三塁で二ゴロ併殺に倒れた佐藤輝も、その意識があれば打ち取られる前のスライダーに対応できたはずだ。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月25日のニュース