オリックス・湊社長「払うものは払います」 祝勝会で年俸大幅アップを明言 “ケチ”ックスも返上

[ 2021年10月27日 23:09 ]

オリックス25年ぶりリーグ優勝

<オリックス>祝勝会で特大のクラッカーをならす吉田正(右)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 胴上げ、共同記者会見後の午後10時40分ごろから京セラドーム中堅付近の特設会場で選手、スタッフ約50人が参加して、祝勝会が行われた。

 宮内オーナーが「優勝おめでとう。こんなに気持ちのいい夜を過ごすのは25年ぶり。長い間勝てなかったときがあったが、143試合を頑張りぬいてくれた。すばらしいシーズンだった。私も胴上げしていただき感激している。ファンの人にも長い間待たせたが、これを元年としてさらにチームを磨いていきたい」とあいさつ。湊球団社長も「みなさんが期待されているように、払うものは払います」と年俸大幅アップを期待させるコメントで選手を沸かせた。かつては低迷が長く続き、選手の年俸もなかなか上がらずに「ケチックス」などと揶揄されたこともあったが、そんな時代にも、これでお別れとなりそうだ。

 中嶋監督は「まだ先がある。シリーズに行って、もう一度喜びましょう」と日本一を宣言。オリックスファンのタレント・たむらけんじも特別参加。ビールかけに代わり、シャンパン型のクラッカーが吉田正選手会長の音頭で派手に鳴らされ、選手は優勝の喜びを噛みしめていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月27日のニュース