楽天・則本昂 通算1500奪三振達成!歴代4位、右腕投手では歴代最速記録達成

[ 2021年10月27日 18:22 ]

パ・リーグ   楽天ーロッテ ( 2021年10月27日    楽天生命 )

<楽・ロ25>2回1死、岡から通算1500三振を奪った則本昂(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天の則本昂大投手(30)は27日のロッテ戦で先発登板し、通算1500奪三振を達成した。通算1449投球回での達成は歴代4位で右腕投手では西口文也(西)の1729イニングを大幅に更新する歴代最速達成となった。

 通算1500奪三振まであと3で先発マウンドに上がった則本昂。初回1死二塁でマーティンから152キロのストレートでこの試合最初の見逃し三振を奪った。2回は先頭の安田から空振り三振を奪い、続く岡から152キロのストレートで見逃し三振を奪って記録達成となった。さらに藤岡からも154キロのストレートで見逃し三振を奪って通算1501奪三振目となった。

 またこの試合で3年ぶりに規定投球回へ到達した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月27日のニュース