ヤクルト・高梨 腹をくくって大役全う! 「最低限の仕事はできた」先発で4回1失点

[ 2021年10月27日 05:30 ]

ヤクルト6年ぶりセ・リーグ優勝 ( 2021年10月26日 )

<D・ヤ>4回1死一、三塁、戸柱を併殺打に打ち取りガッツポーズの高梨(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高梨が大一番の先発で好投した。「凄く緊張したが、“絶対大丈夫”と自分に言い聞かせながら、“腹をくくって”投げた」と4回を5安打1失点に抑え、救援陣にマウンドを託した。

 日本ハム時代の16年に経験して以来、2チーム目のリーグ優勝。8年目の30歳右腕は「最低限の仕事はできた」と、チームメートと喜びを分かち合った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月27日のニュース