マジック3も“崖っぷち”ロッテ レアードが先制打!3試合連続打点でトップ島内に2差

[ 2021年10月27日 18:34 ]

パ・リーグ   ロッテー楽天 ( 2021年10月27日    楽天生命 )

<楽・ロ>初回2死二塁、適時二塁打を放つレアード(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 残り3試合で優勝マジック3の2位・ロッテが27日、敵地で3位・楽天と対戦。初回、レアード内野手(34)が2死二塁から左線への適時二塁打を放ち、いきなり1点を先制した。

 マジック3も1敗すればオリックスの優勝が決まるという状況のロッテが、絶対負けられない一戦で先制点。先発右腕・則本昂に対し、先頭の荻野貴が右前打で出塁。中村奨の投犠打などで2死二塁とすると、4番・レアードが3試合連続打点となる左線を破る適時二塁打。則本昂の投じた4球目、140キロのフォークを捉え先制点を奪った。

 これでレアードは94打点に伸ばし、打点ランキングトップの島内(楽)にあと2と迫った。

 ▼レアード 打ったのはフォーク。則本投手が相手でスコアリングポジションにランナーがいたので、とにかく打てて良かった。負けられないのはみんながわかっているから、とにかくチャンスをものにしていくだけだよ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月27日のニュース