ヤクルト・山田 主将1年目「貢献するプレーできた」 五輪金に続き「2冠」達成

[ 2021年10月27日 05:30 ]

ヤクルト6年ぶりセ・リーグ優勝 ( 2021年10月26日 )

<D・ヤ>試合に勝利し笑顔の山田(中央)らヤクルトナイン(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田が歓喜の輪の中で青木に肩を抱かれてねぎらわれ、安どの表情を浮かべた。直訴して就任した主将1年目。「勝利に貢献するプレーはできた」と、2年ぶりの30号&5年ぶりの100打点到達とバットでチームを優勝に導いた。

 「ホッとした」という第一声が本音だ。青木から「やりたいようにやれ」と励まされ、東京五輪金メダルに続く自身「2冠」を達成した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月27日のニュース