西武・辻監督が就任6年目の来季も続投 チーム再建へ西口投手コーチが2軍監督就任

[ 2021年10月27日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0-1日本ハム ( 2021年10月26日    札幌D )

西武・辻監督
Photo By スポニチ

 西武の辻発彦監督(63)が就任6年目の来季も指揮を執ることが26日、決まった。

 今季最終戦でサヨナラ負けを喫した札幌ドームの日本ハム戦後に居郷肇球団社長(65)が続投を正式要請。今季が契約最終年の辻監督はCS進出を逃し退任の意向を持っていたが受諾した。居郷社長は「手腕を高く評価している」と語り辻監督は「チームをこのまま低迷させてはいけない」と話した。

 この日は馬場作戦兼守備走塁コーチが辞任を申し出、受理された。チーム再建へ西口投手コーチが来季は2軍監督に就任することが決定。松井2軍監督はヘッド格で1軍首脳に加わる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月27日のニュース