終盤の戦いに「ズルズル行ってもおかしくなかったけど、ピッチャーが頑張ってくれた」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年10月27日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0ー4中日 ( 2021年10月26日    甲子園 )

<神・中(25)>3回から2番手で登板した及川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【26日の阪神・矢野監督語録】

 ▼2回に青柳に代打 いやもう、勝つしか、チャンスがほぼないんで。チャンスがあるところで行かないと、条件的に厳しいので。

 ▼終盤はケガ人も出て、苦しいチーム状態 スタメン組むのもちょっとどうかなという感じになっていた。ズルズル行っても、おかしくないようなところもあったと思うんだけど。まずピッチャーが頑張ってくれたのと、スタメンじゃないメンバーをスタメンで行ったりした中でよくやってくれた。

 ▼CSに向けては ちょっと今はまだそこまでの気持ちにはすぐになれないけど。

 ▼143試合を振り返って すごい、できた部分もあるし。状態が良くない中でも粘れてるとか、走りきるとか、チーム一丸でやるとか。俺はいつもそこを俺らの野球、タイガースの野球って言い方をするんだけど。諦めないとかさ。今日は残念な試合になったけど、見せてくれたってところもたくさんあったんで。そういう部分っていうのは、すごくチームの成長を感じる。

 ▼今季のヤクルトの印象 後半グッと上がってきた。総合力というのは、打線がもともと良かったところにプラスアルファ、投手陣全体が上がった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月27日のニュース