阪神・サンズ “逆襲へ”宮崎で志願のフル出場「クライマックスに向けてしっかり準備をしたい」

[ 2021年10月27日 19:50 ]

フェニックス・リーグ   阪神3-0DeNA ( 2021年10月27日    SOKKENスタジアム )

<フェニックスL D・神>3回2死三塁、サンズは中前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 宮崎で調整を続ける阪神・サンズは、2回2死三塁でカウント3ボールから左腕・坂本のの131キロ外角チェンジアップをはじき返し、中前適時打。「しっかりと体を動かしておくことと、打席の中でいい感覚を持っておくことがこっちでの課題。それがずっといい形でできている」とうなずいた。

 この日は途中から、左翼から指名打者にこそ移りはしたが、志願して5打席目まで立ってフル出場。平田2軍監督も「すごく意欲的にやってくれて、非常に真面目だよ。結果が出ないときもあったりしたけど、内容は悪くない。今度クライマックス(シリーズ)あるんで、その辺の気持ちはしっかり持ってやってくれている」と目を細めた。

 「個人的には前半戦すごく良かったけど、後半戦は少し落ちてしまったところもあるし。上手くいかなかった分、ここでしっかりと調整をしてクライマックスに向けて準備をしたい」。再び1軍から声がかかるまで、腐らず努力を積み重ねる。(阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月27日のニュース