ヤクルト・来日1年目コンビ躍動! オスナで同点&サンタナが決勝打

[ 2021年10月27日 05:30 ]

ヤクルト6年ぶりセ・リーグ優勝 ( 2021年10月26日 )

<D・ヤ>3回1死満塁、勝ち越しの適時二塁打を放つサンタナ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ヤクルトはともに来日1年目のサンタナとオスナが優勝に貢献した。

 0―1の2回に無死一塁からサンタナが15試合連続安打となる右中間二塁打で好機を広げ、オスナの三ゴロの間に同点。3回1死満塁ではサンタナが「ボール球に手を出さないように見極めた」と右中間を破る決勝の2点二塁打を放ち、勝負強さを発揮した。

 山田と村上に両助っ人が加わり、打線に厚みが増した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月27日のニュース