ヤクルト・田口が“一人3連覇” 加入1年目ですっかりムードメーカー「僕のおかげでいい雰囲気」

[ 2021年10月27日 05:30 ]

ヤクルト6年ぶりセ・リーグ優勝 ( 2021年10月26日 )

<D・ヤ>ヤクルト3番手で登板した田口(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの田口が「一人3連覇」を果たした。5―1の5回2死一塁から3番手で登板し、森を投ゴロに仕留め、バトンをつないだ。

 9月中旬に先発から中継ぎに配置転換されるなどフル回転。開幕前に巨人からトレードで移籍した左腕は「(リリーフ陣は)僕のおかげでいい雰囲気を保っています」とちゃめっ気たっぷりに話すなどムードメーカー役を務め、チームに溶け込んだ。昨季までリーグ連覇した巨人時代に続く優勝に貢献した。

 ▼石山 最初は抑えをやっていたので、外れて申し訳ない気持ちと感謝の気持ち。今までになく苦しい一年。この先でチームの力になりたい。

 ▼清水 チームのパーツとして後ろにつなぐことだけを考えた。投げない日をはっきりしてもらったことも良かった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月27日のニュース