巨人1点差勝ち!阪神戦6勝6敗とし、6ゲーム差に 松原決勝2ラン 高橋5回零封リーグ最多タイ7勝目

[ 2021年6月20日 17:26 ]

セ・リーグ   巨人2―1阪神 ( 2021年6月20日    甲子園 )

<神・巨12>6回1死一塁、右越え2点本塁打を放った松原(左)をバンザイで迎える坂本(中央)ら(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 巨人は首位・阪神に2―1で競り勝って2連勝を飾り、2カード連続の勝ち越し。対戦成績を6勝6敗として貯金を7まで戻し、阪神とのゲーム差を6に縮めた。阪神の貯金は19。

 ともにリーグ最多タイの7勝目を懸けて先発した巨人・高橋、阪神・秋山の両先発投手が好投し、0―0のまま迎えた6回だった。5回まで秋山に1安打と抑えられていた巨人は先頭・北村が左前打で出塁。続いて5回零封の高橋に打席が回ると、原監督は代打・香月を告げて勝負に出た。香月は内角直球に見逃し三振に終わって1死となったが、続く松原が同じ内角直球を右翼スタンドに先制2ラン。その裏、2番手右腕・畠が佐藤輝に2試合連発となる18号ソロを浴びて1点差とされたが、7回以降を高梨、鍵谷、ビエイラと無失点でつないで1点差を守り切った。

 5回4安打無失点好投の高橋は5月26日の楽天戦(東京D)以来3試合&25日ぶりとなる白星。同僚の戸郷と並ぶリーグトップタイの今季7勝目(2敗)をマークしている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース