阪神・佐藤輝 岡田彰布氏の新人18本塁打に並び「非常にうれしい」 田淵氏の球団記録まで、あと4本

[ 2021年6月20日 18:36 ]

セ・リーグ   阪神1-2巨人 ( 2021年6月20日    甲子園 )

<神・巨(12)> 6回2死、左越え本塁打を放ち、Zポーズを決める佐藤輝 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位・佐藤輝は試合後、2戦連発となる18号ソロの感触を振り返った。

 「ちょっと打球が途中で失速していたのでどうかと思いましたけど、ホームランになって良かったです」

 この一発で1980年に岡田彰布氏が記録した球団新人の本塁打記録歴代2位の18本塁打に並び、田淵幸一氏が持つ同1位の22本塁打まであと4本とした。

 「僕の中では監督をされていたときしか見たことがないですけど、バッターとしてすごい方だと思うので、そういった方に並ぶことができたのは非常にうれしいこと」

 前日19日の同戦で、セ5球団制覇弾の快挙を成し遂げた黄金ルーキーはさらなる高みを目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース