日本ハム・高浜&浅間 横浜高同期コンビが初アベック弾 劣勢から打線勢いづけた

[ 2021年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―5ソフトバンク ( 2021年6月19日    ペイペイD )

<ソ・日>7回1死一、二塁、左中間越え本塁打を放った高浜(右)は浅間とタッチをする(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 日本ハムの高浜と浅間の横浜高同期コンビがプロ初のアベック弾だ。最大4点ビハインドも2人の一発攻勢で一時逆転。結局引き分けに終わったが、栗山監督は「追いつける感じにはなってきた」と劣勢から打線を勢いづけた2人を称えた。

 先陣を切ったのは高浜だ。4点を追う7回1死一、二塁から左腕・嘉弥真の初球を捉え、3号3ラン。実は父・晋一さんから前日18日に「初球から振っていけ」と助言を受けていた。20日の父の日を前に感謝の一発を放ち「“父の助言で”ということにしておいてください」と笑った。

 7回に渡辺の犠飛で追いつくと、8回には浅間が一時勝ち越しとなる右越えソロを放った。3年ぶりの本塁打を放った前日から2戦連発とし、高浜と高校以来となるアベック弾。浅間が「ハマ(高浜)は一度育成になったりして、お互い順調にきていない。何とも言えない感情」と話せば、高浜も「大基(浅間)が打つと僕も打とうと思う」といい関係性をのぞかせた。

 チームはリーグ最少の36本塁打だが、2本塁打で勝利した前日に続き、効果的な一発が出始めた。高浜は「今後の試合でも打てるようにしたい」と力を込めた。(東尾 洋樹)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース