「もったいない」阪神・伊藤将 2死から2被弾 矢野監督も「今後の課題。乗り越えないと」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー6巨人 ( 2021年6月19日    甲子園 )

<神・巨(11)>6回2死、坂本に左越えにソロ本塁打を浴びた伊藤将(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 7回3失点――。結果だけを見れば先発投手の役割を果たしたと言えるが、4敗目を喫したうえにチームの連勝をストップさせた事実は重い。不満の残る内容であったことは阪神・伊藤将自身が一番、分かっていた。

 「ボール自体は悪くなかった。ただ大城さん、坂本さんに打たれた本塁打はどちらも2死から。もったいなかったし、悔やまれる一球となってしまった」

 油断禁物の場面で手元が狂った。同点で迎えた4回だ。坂本、中島の5、6番を打ち取り2死無走者。大城にカウント3―1から置きに行った真ん中高めのカットボールを右中間席へ決勝の勝ち越しソロを浴びた。1点ビハインドの6回は無死一塁から岡本和を二ゴロ併殺に仕留めた直後だった。坂本に対し、簡単にストライクを取りに行った初球、真ん中付近のツーシームを痛打された。後味の悪い自身初の1試合2被弾で、試合の流れを明け渡した。

 投球だけではない。1点を追う5回無死二塁で送りバントを試みたが捕邪飛で走者を進められず。大事な局面で投打ともに精彩を欠き、チームをリズムに乗せることができなかった。

 だからこそ、矢野監督も及第とはしなかった。「中身がもったいない。トータル的にはナイスピッチングというところだけど、バント失敗とか、2死取って3者凡退で来れば流れがこっちに来るというところでの本塁打は…。そういうところが今後の課題。そこを乗り越えないと勝てない」。厳しい指摘は新人左腕をもう一つ上のレベルへといざなう、期待の裏返しとも言えた。

 5月8日DeNA戦から登板6試合連続被弾で、その間は2勝4敗。4敗全てが本塁打で決勝点を献上している。「しっかり反省して次回登板ではそういったことがないように」。課題は明白。一球の怖さをかみしめ、その苦みを、さらなる進化の糧とする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース