西武・源田、攻守で存在感 コロナ復帰2戦目、猛打賞&好守で魅せた

[ 2021年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―2ロッテ ( 2021年6月19日    メットライフD )

<西・ロ>初回1死 三塁打を放ち二塁を回る源田(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 この男がいるだけでチームが攻守に締まる。西武・源田が初回1死で右中間三塁打。大量6点の口火を切ると、8回にはダメ押しの中前打だ。新型コロナウイルス感染から復帰し、今季5度目の猛打賞。「こうやってたくさんのファンの方の前で野球ができて幸せ」とお立ち台で喜んだ。

 復帰2戦目。打撃などの感覚はまだ取り戻せていない。疲労を考慮し、辻監督も一度は6回終了時点での途中交代を考えたという。しかし本人に「どうだ?頑張っていってくれ」と確認。直後の7回の守備で源田は安田の二遊間の当たりを「際どいな、と思って跳んだ。集中して守れた」と横っ跳びでキャッチしてアウトにした。

 侍ジャパンでも攻守で活躍が期待される。主将は「チームを離れて迷惑を掛けた。しっかり取り戻せるよう頑張る」と誓った(鈴木 勝巳)

 ▼西武・今井(初回2四球から立ち直り5回まで無安打、7回4安打2失点と好投し5勝目)立ち上がりは不安定で、今日はどうしようかと…。何とか粘れて良かった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース