DeNA・オースティンが来日初満塁弾!試合終了時点でいきなり首位打者の可能性も

[ 2021年6月20日 15:23 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2021年6月20日    東京ドーム )

<D・広11>3回2死満塁、中越え満塁弾を放つオースティン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのタイラー・オースティン外野手が20日、広島戦(東京ドーム)の1―0の3回2死満塁第2打席で、広島先発の大道温貴投手から来日2年目で初となる15号満塁弾をバックスクリーン右横に放り込んだ。

 オースティンはこの日5打席立つと、今季の規定打席に到達。いきなり首位打者で登場する可能性が高い。

 「(日本語で)ヤッター。いい打席になった。走者を還すのが自分の仕事だと思うので、結果を残すことができてよかった」と声を弾ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月20日のニュース