大谷翔平 2戦連発22号2ラン リーグトップに1差 自身シーズン最多タイ チームは3連勝

[ 2021年6月20日 14:10 ]

ア・リーグ   エンゼルス8ー3タイガース ( 2021年6月19日    アナハイム )

3回に22号2ランを放った大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は19日(日本時間20日)、本拠地アナハイムでのタイガース戦に「2番・DH」で先発出場。3回に2試合連続、リーグトップに1差と迫る22号2ランを放ち、4打数1安打2打点1四球で打率は・272となった。チームは8―3でタイガースを下し、3連勝。貯金を1とした。タイガースは3連敗。

 初回1死の第1打席は空振り三振。1-0で迎えた3回1死三塁の第2打席では、タイガース先発右腕・ペラルタから2試合連続となる22号本塁打を放った。3球目、外寄りの95・3マイル(約153キロ)直球を左翼へ運ぶ2ランとした。飛距離は398フィート(約119メートル)、打球速度は108マイル(約174キロ)で打球の飛び出し角度は25度。最近5試合で5発の好調ぶりで、リーグトップ・23本塁打のブルージェイズ・ゲレロに1差とし、渡米1年目の2018年に記録した自身最多本塁打数に並んだ。

 5―0で迎えた4回2死一、二塁の第3打席は一ゴロ。6-3で迎えた6回、2死二塁で迎えた第4打席は申告敬遠。球場がブーイングに包まれた。7―3の8回1死一、三塁で迎えた第5打席は味方の盗塁と敵失から1点を加え、なおも二塁となったが左飛に倒れた。

 前日の18日(日本時間19日)の同カードにも「2番・DH」で出場した大谷は、第3打席で2試合ぶりとなる20号2ラン、第5打席では両リーグトップに1本差と迫る21号ソロを放ち、5打数2安打3打点。コロナ禍による本拠地の観客動員の制限がなくなった17日(同18日)同カードは投手として6回5安打1失点で3勝目を挙げており、驚きの2発となった。試合前には自身のインスタグラムで、7月13日(同14日)に開催されるオールスター前日恒例のビッグイベントである本塁打競争に出場することを発表。本塁打競争の出場は日本選手初の快挙となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月20日のニュース